QLOOKアクセス解析

2018年03月21日

酸素

血圧を下げる薬を飲んでるせいもあって、最近は調子
いいながらも常に貧血っぽい感じです。血が行きにくい
ので白髪もすごく増えました。
冬の寒さで脳天が冷やされると、多分去年のように
目眩一週間天地逆になって動けないコースになりそう
なので、今年は帽子とマスク(冷たい空気もヤバい感じ)
を手放さずに過ごしました。おかげで風邪も何も順調に
やりすごし、常態を保っています。

調子良くても、酸素吸入量が50パーセント台すれすれ
の時の事を思い出し、また心臓の筋肉は回復しないと
いう事はいつでも念頭においています。
心臓というエンジンが故障している私が酸素を取り入れる
為にどうするか、と考えて、単純ですが
「肺活量を増やそう!」と考えました。とはいえ、長く
続ける事が目的なので、日常生活にちょっと組み込む程度
のものですが、今のところ、ほぼ毎日行えてます。

基本は「壁立て伏せ」腕立て伏せは無理ですが、壁なら
付加が少ないので、腕力なくてもできます。整体の先生
に教えてもらったものですが、あなどるなかれ。意外と
最初はしんどいです。
1、手の甲をついて壁立て伏せ
2,小指側の側面で壁立て伏せ
3、腕を開いて親指と人差し指側の側面で壁立て伏せ

肩や背骨の歪みが自分で修正でき、肩こりも楽になったし
筋力も若干ついたし、深呼吸も動きにともなってできるので、
良いことを教えてもらったなあと思いながら毎日各10回
ベースに、出来る範囲の回数を行ってます。

時折テレビで見かける健康に良くて楽にできる運動を
増やしつつ、色々肺活量を増やす為にやっています。

そんな中、いつもお世話になっている自動社屋さんが
病気になり、やはり酸素量が少なくて医者に酸素吸入機を
勧められたそうです。そんなん、引きずって回るの、断固
として嫌だ!と、自分で呼吸回数を増やす事で酸素吸入量を
増やし、退院できるまで回復した人がいます。
医者に言われる事もちゃんと受け止めながらも、自分で
不自由さを改善していく努力はやってみるべきだなあと、
改めて思いました。
posted by teru at 09:28| Comment(0) | 日常雑話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: