QLOOKアクセス解析

2016年03月21日

うがい鼻うがい

久しぶりに風邪?をひいて、痰が出る事で思い出しました。
もう書いているかもしれないけれど、忘れないようにする為にも
メモっておくのはいいことだろうと思うので書いときます。

入院前、味覚が何を食べてもしょっぱく感じ、温度差に咳き、
ものを食べると咳、食べては吐き、数メートル歩くことが辛かった頃、
でろっとした痰にも悩まされていました。
黄色〜黄土色の、プリッとしたものが大スプーン山盛り2杯半くらい
のものが、咳きと共に出た時、咳は辛いですが爽快感はたまり
ませんでした。
この痰は、非常に粘度が高く、押しつぶしても切れないような
スライム状のもので、血の量の混ざり率が徐々に多くなっていったの
には流石にこれはヤバいと思いつつ、でも血自体を大量に吐いている
訳ではないから大丈夫だろう。と思ってました。

この、黄色〜黄土色の塊よりやっかいだったのは、透明な痰でした。
色は透明でも、粘度はとても高く、すごく濃い葛湯のような感じで
黄色の痰よりも、でろっとしているために終わりがない感じです。
ひたすら唾液を吐き出している気分。
粘着感が常にあるために、懸命に咳をする事で、更に咳頻度があがり
苦しかったです。

そんな、でろでろ痰を少しでも楽に排出できるように、塩うがいを
よくやっていました。
血圧が高くなっていた身に塩分が良かったのかどうかはわかりません。が、
このでろでろとしていた痰を、少しでもさっぱりさせる分には効果が
ありました。
よく料理で魚や野菜のぬめりをとるために塩をまぶして洗いますね。
それの応用です。

鼻うがいのツーンとするのが、大嫌いなんですよ。
鼻の穴が小さいので、昔から詰まりやすく、家族に鼻うがいを
しつこいほど勧められる事に、よく反発していました。
鼻詰まっているのに、吸い込める訳がない!鼻を通った液体を
口に通すのも嫌。
しかし、でろでろ痰を少しでも楽にしたいのでチャレンジ。
試行錯誤しました。
結局鼻から吸い込む事ができず、プリンターインク替え用の
注射器で注いでも、鼻づまりにはたちうちできません。
そんな中、うがいから派生した うがい鼻うがいです。

まず、鼻に水が入った時のツーンとするのが嫌。
どうしたらツーンとしないか。
体液と同じような濃度ならいいんじゃないか。という事で、
以前漫画でポカリスエットを輸血代わりにしていた漫画
を見た事があったので、ポカリで試します。

これは結構よかったんですが、更によいのは人肌にすること。
ぬるま湯ポカリが最適。
でも、ポカリ粉末が切れてしまいました。
なので成分?味?を似させたぬるま湯を作ります。
塩プラス若干砂糖入りのぬるま湯です。
砂糖が入ると粘度切れが悪くなるかと思いましたが問題無し。
結局、更に省いて塩ぬるま湯に落ち着きました。

この塩ぬるま湯でうがいします。
ネット検索したらもっといいやりかたあるかもしれないけれど、
自分流鼻うがいは、うがいをする時に、口からの息と共に
鼻からも息を吐く事です。
鼻が詰まって通行止めになっていたトンネルを、内側から
掘削していくのです。
最初詰まっていても、塩ぬるま湯に緩まされ溶かされ、詰まった
部分が決壊し、数度繰り返すうちに鼻から液が出ます。
そのままコップの液が終わるまで続けます。

注意点は、冷たいとやはり塩水でもツーンとするので、ぬるま湯に
する事と、タオルを側に置いておくこと、鼻から聖水を垂れ流して
いる事を他の人に見られないようにする事ですね。
さっぱりするので、うがい鼻うがい、おすすめします。

飲んでないので、塩分的に過剰摂取ではないと思いたい。

___________________________
○咳で痰を出す時は、重力に逆らって出すのは労力がいるので
 気管と口が水平かそれ以下になる方が、速く痰が出るので
 咳の回数が減って少し楽。

例:お辞儀をするように腰を90度に曲げる形




posted by teru at 17:49| Comment(0) | 入院前後思い出し帳

2016年02月22日

ぽっぴん

二ヶ月に一度の診察で、今日はエコーをしました。
途中で音がパッキャンパッキャンしだしたので驚いたら
どうやら心臓の音だったらしいです。映像だけでなく
音もだせるんですね、知らなかった。
でも音が・・・
イメージしてる心臓音と、あまりに違いすぎました。
長崎土産のビードロ
(「ぽこぺん」だとおもっていたら「ぽっぴん」とかいうらしい)
みたいな音がしてました。

検査結果は良好でした。
次回は4月末でいいそうです。
posted by teru at 14:52| Comment(0) | 入院前後思い出し帳

2015年01月15日

足の色のコト

入院前の足の色のコト

入院前。
神社行って、喘息のような咳がとまらなくなった2012年12月頃あたりには
もう足の色が悪くなっていたように思います。
ただ、2012年の夏から秋にかけて、足の裏がやけにヒビ割れて、
指紋(?)が割れ、薬を塗ったり、1時間足をひたしておくと、ひと皮めくれて
キレイなカカトになるという「ベビーフット」を使ってみたりしました。
(ベビーフットは、強制的に脱皮させるので、薄皮になった新品の皮膚は
デリケートなので、くれぐれも足ツボスリッパとか履いてはいけません。
たまたまツボ刺激のスリッパを愛用していた頃にやったので、めっちゃ
痛かったです。赤ちゃん肌は見た目きれいですが、色々刺激に弱いため
必要に迫られて硬い足裏になっていったのだなと実感します。)

それから冬に入り、かかとのレッドバーバレーに床板のささくれが
刺さって痛い思いをする回数が増え、皮膚の色が悪くなっていきました。
乾燥しているな、とか、年とってきちゃったな、とか悲しく思いながら
ローションなどをぬりぬり。各指の先もひび割れ。
色は、夏場の日焼けのような皮膚がどす黒くなったような感じ。
肌はザラザラ。自分で象肌だなあ。と思っていました。
そうこうしているうち、肌よりむくみと咳と呼吸と痰が酷くなって
いったので、肌の色など気にもしなくなりました。

入院して、病気に対応する薬を飲みはじめ、体調が楽になり
むくみも少なくなってきた頃から、表面のどす黒い皮の下に
赤みが見えてきました。
退院して数週間もしないうちに、日焼けの時の薄皮がむける
ように皮がじょじょに剥けはじめ、脱皮しました。
おそらく、心臓がオーバーヒートして、肺に水はかなりたまって
いて呼吸もしずらかったし、処理しきれない水は漏水して肌を
ぶくぶくにむくませるわで、酸素が行き渡らずそんな状態になって
いたのでしょう。うっ滞性皮膚炎とかいうのと症状が似てるので
状態としては同じだったのだと思う。血管から皮膚へ酸素や
栄養の供給が不足すると出る症状らしい。
母も昨年心臓を患って手術し、退院した時には脱皮しました。
どす黒い色から、瑞々しい皮膚と血行のよい色を見た時には
よくなってきているのを実感できて嬉しかった。

今年の冬は、おかげさまで部分的にヒビ割れはあるものの、
皮膚の色も悪くないし、むくみもない。よい状態です。
ありがたや。ありがたや。



posted by teru at 21:39| Comment(0) | 入院前後思い出し帳